歯に悩みがあるのなら

歯の悩みを抱える人は多いです。
しかも高齢になってくると歯のかみ合わせが悪くなったり、もろくなったり、食事自体がおいしく感じられなくなることもあります。
入れ歯にすればいい、という解決策もありますが、入れ歯だとやはりどうしても作り物感は否めません。
自分の歯のような人口歯、というのが注目されているインプラントですが、このインプラントというのが具体的にどういったものかを説明されないと知らない人も多いです。
インプラントとはすなわち、失われてしまった天然の歯を補うための治療方法のひとつです。

歯を失う原因はさまざまです。
虫歯や歯肉の病気、あるいは怪我などのアクシデントによって歯を失う人もいます。
しかし大人の永久歯というのはいったんかけてしまったり失ったりすると、当然もう自然には生えてはきません。
そこで歯の失われてしまった部分の顎の骨に、手術によって人工歯根を埋め込み、それを土台として、上に人工の歯を取り付けるのです。
これがインプラントといわれる治療です。
インプラントはより自分の歯に近い形でものを噛み砕くことができるのが魅力です。
失敗しないように事前に診察、レントゲンなどを取り、カウンセリングもしっかり行うので安全です。
実は入れ歯は、インプラントとは違って周囲の歯に大きな負担をかけてしまいます。
そのため、今残っている自分の歯の寿命を少なからず縮めることにもなるのです。
このインプラントは、周囲の歯に負担をかけることなく、さらに自分の歯の健康を守ることが出来るというのもまた魅力とされている理由なのです。
しかし、治療完了までにある程度の期間が必要にはなりますので、速攻解決というわけにはいきませんし、口の中を清潔に保たないと、人口歯のインプラントといえど寿命が短くなってしまいますから、自己メンテナンスもちゃんと注意が必要です。
インプラントにしたから、といって全部に対して安心するのではなく、毎日のケアは継続しましょう。