インプラント治療のために禁煙

自分は長年喫煙をしていましたが、この度禁煙をしました。
理由はインプラント治療をしたからです。
実は前々からグラグラしている歯があったのですが、放置していました。
歯医者に行くのが面倒だったんです。
ですが、とうとうその歯が抜けてしまったため、千葉のインプラント治療で有名な病院に行きました。
そこで喫煙者はインプラント治療で失敗する可能性もある、と先生に説明してもらいました。
なぜ喫煙者が失敗する可能性があるのか、というと、喫煙は血行を悪くして、傷口が治るのに時間がかかってしまうからです。
しかもインプラントが顎の骨と接合するのも、邪魔してしまいます。
せっかく高いお金を出してインプラント治療を受けるのに、失敗するなんていやです。
絶対に失敗するわけではありませんが、少しでも成功率を上げるために、自分でできることは自分でやろう、と思いました。
タバコをやめ、しばらくしてからインプラント治療をしてもらいました。
手術自体は1時間程度で、心配していた接合も順調に進みました。
傷口もしっかりと治り、今は普通に千葉県にある自宅で生活しています。
ご飯がとてもおいしく感じます。
しっかりと噛めるので、今まで以上に食べてしまい、体重が増えてしまいました。
歯の病気の原因を取り除き、これから少しでも長くインプラントを使い続けていくためにメンテナンスをしっかりと行っていくつもりです。
タバコを吸っている人や薬を飲んでいる人は、事前に医師に相談しておいた方が良いでしょう。